先輩社員紹介

My Challenge Story 08

そこでの「もう一歩」は、
十歩、百歩の価値がある。

主任 青木 周平

2013年入社不動産分譲事業部シニア事業部

こんなお客様がいらっしゃいました。ご本人は介護施設への入居に気が進まない。しかし、ご家族にしてみれば、要介護の状態で一人暮らしをしていることが心配で仕方がない。何度も話し合いを重ね、なんとか施設をご見学いただき、お客様の入居の気持ちが固まりました。そして入居からしばらく経ったある日、ご本人から「こんなに楽しく安心して過ごせるのなら、もっと早く入居を決めればよかった」と満面の笑顔でおっしゃっていただけたのです。すべての人を幸せにする提案ができたのも、ある失敗で得た経験のおかげです。

「言葉足らず」は、
つまり「実力足らず」ということ。

私は静岡市内の介護付有料老人ホーム「グライフ東鷹匠」で入居相談員を務めています。直接お会いして入居のご案内をするとともに、パンフレット・DMの作成やポスティング、健康に関する情報を発信するセミナーも開催します。静岡鉄道の老人ホームは、特に手厚い人員体制での介護をお約束しているのですが、その魅力をお伝えするためにも、相談・広報業務を専業とする私の役割は重要です。

以前配属されていた「グライフ北安東」でのこと。ご家族からお叱りを受けたことがありました。グライフでは看護師が常勤し、近隣の医療機関と密接に連携しながら充実した医療対応を心がけています。しかし、私の入居前の事前説明では、実際にどういった医療行為が可能で、どのような場合には対応が難しいといったような具体的な説明が足りず、入居後のご家族に不安な思いをさせてしまったのです。老人ホームへの入居は、ほとんどの家族にとって初めての体験です。どんなに詳しく説明しても説明し過ぎということはなく、自身は伝えたつもりがお客様に正しく伝わっていない、ということにもなりかねません。「お客様の気持ちになり切れていなかった…」。そう気づかされてからの私は、丁寧すぎるぐらいが丁度良いのだと、より丁寧な対応を心がけました。

「グライフ東鷹匠」の仲間たちと

施設長、介護士、看護師、理学療法士、フロント、調理スタッフ…。しずてつの「共生共楽」という介護の理念は、みんなの想いが一つになって実ります。

見えにくい本質を、
見つけられる人になりたい。

シニア事業部に異動する前は不動産分譲事業部にいました。分譲マンションと老人ホームは一見対照的です。一方は人生のこれからの舞台であり、もう一方は人生を締めくくる場所。分譲マンションには夢や憧れといった華やかなイメージがありますが、老人ホームには、やはりどこかもの淋しさを感じる人も多いのではないでしょうか。しかし共通点もあります。どちらもお客様にとって一生に一度の大きなお買い物であり、安心と快適が基本として求められ、そして提供する私たちがお客様から信頼され続けなくてはならないということです。

どんな想いで相談に来られたのか。どんな悩みや心配事を抱えていらっしゃるのか。その方にとって一番大切なことは何か…。簡単には言えない、他人には話したくない、そんなハードルに直面したときこそ、誠意をもってもう一歩踏み込むこと。そうして初めてお客様の不安を安心に変える出発点に立てます。わずか一歩の違いが大きな違いになることは、どんな仕事にも当てはまるのではないでしょうか。

「こんなサービスがあるといいのに…」「静鉄さんならできるでしょ?」。入居者の皆さんとお話をしていると、若い人に負けないくらい発想が豊かなことに驚かされます。そのいくつかをヒントに、いつの日か、新しいプロジェクトを手がけてみたい。もう一歩踏み込む勇気と、静岡鉄道の企業力を土台として。

調理スタッフの手による自慢メニューの一例

お昼は施設の食堂で、入居者さんと同じメニューをいただきながらコミュニケーションしています。人生の大先輩ならではの歯に衣着せないご意見を、サービス向上に役立てるのも仕事です。

My Challenge Story

鉄道部

久朗津 敏雅

2009年入社

鉄道事業部門

「自分だからこそ」の付加価値を。

不動産流通事業部

川口 卓真

2015年入社

不動産事業部門

「街づくり」への寄与。

グループ経営推進室

小田 紀子

2008年入社

グループ統括部門

折れなくて、よかった。

経営管理部

川口 悠木

2009年入社

グループ統括部門

もまれて伸びるタイプです。

総務部

福村 萌

2016年入社

本社一般管理部門

「いままで通り」を変えてみよう。

事業部

森見 奈々子

2011年入社

レジャー・サービス部門

わくわく半分、ドキドキ半分。

ホテル事業部

キム ソンフン

2017年入社

レジャー・サービス部門

日本が好きです。
静岡が大好きです。

人事交流/東京急行電鉄

大村 光一郎

2008年入社

人事交流

静岡のまちづくり。
「したい」から「する」へ。

人事交流/静岡トヨペット

杉山 晴菜

2012年入社

人事交流

流されるのではなく、
流れに乗れるように。