しずてつジャストライン株式会社

しずてつジャストライン株式会社

たくさんのあなたを乗せて走りたい

事業内容

約90年の歴史を大切に、今後もバス事業を通じて地域の交通を支えてまいります

1929年、静岡鉄道株式会社の前身である静岡電気鉄道株式会社の自動車部としてスタートし、2002年に「しずてつジャストライン株式会社」として分社独立。約90年の歴史と伝統を大切に受け継ぎながら、静岡県中部地区の公共交通機関としての使命を担う乗合バス事業を通じて地域とともに歩んで参りました。
近年は、都市と都市を結ぶ「高速乗合バス」の路線開発にも力を注ぎ、地域の方々の新たなライフスタイルを創造するという未知の領域にもチャレンジしてきました。そして、2011年10月、静岡市の新たなランドマークとして誕生した新静岡セノバの1階に「新静岡バスターミナル」が完成。静岡市の歴史を変える大きな第一歩を踏み出しました。今後も、利便性と安全性を追求しながら、地域社会に貢献できるバス会社としての存在価値を高めるための新たな挑戦を積極的に推進して参ります。

TOPICS

若手が活躍できる職場環境

しずてつジャストラインでは、新入社員の内から様々なことにチャレンジしていただきます。昨年であれば、高速バスのブランディングプロジェクトにて、CMの作成や、HPの作成など・・他にも毎年9月に実施される「しずてつバスフェスタ」の企画・運営のプロジェクトに選任されることがあります。当然、周囲のサポートを受けながらではありますが、たくさんのことを吸収して頂き、様々な経験を積み重ねていきます。「新しい仕事にもどんどん挑戦したい」という意欲がある人にとっては刺激的な社会人生活となるはずです。

先輩社員

小鹿営業所

大久保 遼翼(2019年入社)

大学時代、東京に行くときに、よくしずてつジャストラインの高速バスを利用していたので興味を持ちました。会社説明会で、自分とそう年が変わらない若手社員がイキイキと話している姿を見て、「すごい!」と思い、迷わず応募しました。
入社後は1ヵ月半の研修を経て、小鹿営業所に配属。営業所と本社との橋渡し役として、様々な業務に携わっています。営業所での仕事は、「幅が広い」のひと言に尽きます。日報作成、運転士の就業管理、経費分析、伝票処理、電話対応などなど。常に気にかけてくれる上司や、飲み物やお菓子を差し入れてくれる運転士さん、励まし合える同期がいるからつらいと思うことは不思議とありません。バスが地元の皆さんの生活に深く関わっていることを感じられて、やりがいを覚えます。
バスはお客様を目的地までお届けする大切な仕事。そして、とてもかっこいい仕事です。地域の皆さんにそれを知ってもらうことが、私の目標です。交通事業を通して静岡に貢献したいとお考えの方、一緒に働きましょう!

新卒採用実施企業一覧に戻る