新入社員の声

※記事中の内容や社員の所属部署・役職は取材時のものです。

2021年度入社の新入社員に、就職活動全体や静岡鉄道の選考について振り返りのグループワークを実施しました。
彼ら、彼女らが様々な想いや考えをもって臨んでいたことが分かります。ぜひ参考にしてみてください!!

静鉄の左利き集めてみました(左から)野端さん、鈴木さん、大谷さん
チームトロベー(左から)山本さん、黒澤さん、八木さん
運転BeginnerS(左から)大村さん、新堂さん、風間さん

Q1

企業選びの軸と、入社を決めた理由を教えてください

鈴木「挑戦できる」「静岡で仕事ができる」「社員が良い人」
黒澤静岡で静岡の発展をサポートできるこということが軸でした。入社を決めた理由は、多事業展開をしていて様々な事業に携わることができるからです。また、どの事業でも静鉄ブランドを感じ取れるため、モチベーションを保ちやすいと感じました。
大村軸は多方面から静岡のまちで暮らしている人にアプローチができる点です。多事業展開をしている静岡鉄道で多面的に多くの選択肢を与えることで、静岡の活性化に貢献したいということで、入社を決めました。

Q2

インターンシップはいかがでしたか?(参加者のみ)

鈴木先輩社員の皆さんがとても話しやすかったです!特に4人の先輩社員と15分ずつ話すことができたことが特に印象的でした。
黒澤グループディスカッションの練習の場になりました。ただ、グループディスカッションを行うだけでなく、フィードバックもいただけたことで、後々の就職活動において役立ちました。
大村お土産要素と社会的視点をとても感じました。グループワークで良いところばかりではなく、改善できる点に重点をおいてフィードバックをくださったことが他社とも違いました。

Q3

これまでお会いした社員の印象はいかがでしたか?

野端:会う人が優しい人が多い!加えて、落ち着いている印象も多い!安定感が半端ない!誠実な人が多い!逆に体育会系の人が少ない印象でした。
八木おだやかな雰囲気で、話しやすく相談にのってくれる印象です。これまでお会いした社員の皆さんがキラキラしていました。
新堂とにかく優しいという印象でした。どんな発言に対しても、一旦受け止めてくれて、それに対してフィードバックをしてくれることで、なんでも話しやすかったです。ただ、それだけでなく、自分の考えや信念を持っていることも印象的でした。そして、バラエティー豊かな人がいて、就活生がどんな特徴であっても受け入れてくれるとも感じました。

Q4

選考を振り返って感じた他社との違いや印象は何ですか?

野端ありのままの姿をさらけ出させてくれる!なじみやすく、威圧感もなく、素を出すことができたことが他社とは違うと感じました。
八木選考でも新入社員研修でも1人1人をしっかり僕たちのこと見てくれていると感じました。
山本他社の面接では質問の回答に対して、返答がないことが多かったです。しかし、静鉄の面接では日常会話のような形で、その人らしさを引き出してくれる言葉のキャッチボールができたことが印象的でした!
新堂とても暖かさがある選考だと感じました。そのおかげで、就活生の思いを引き出してくれると思いました。面接の前後にブレイクアウトの時間があり、緊張を和らげてくださり、そのおかげで、自分の思いを面接で伝えることができました。

Q5

就活前の静鉄グループのイメージは、選考や研修を経て変化はありましたか?

大谷就活前までの静鉄グループの印象は、電車・バスといったメインの事業のイメージが強かったです。しかし、新入社員研修を通じて葬祭事業やディーラー、レンタカーといったこれまでイメージのなかった会社まで静鉄グループであることを知り、ゆりかごから墓場まで静鉄グループで支えていると感じました。
八木研修で様々な事業を知るごとに、どこでもまちづくりができると感じました!また、自分から新しいことに挑戦できる雰囲気があることも感じ取れました。
風間変化というより、グループの一体感をより感じるようになりました。また、安全への意識ということで、就活や内定者研修時は華やかなところに目を向けることが多かったのですが、日々の積み重ねが安全へつながっているということの大切さを実感しています。

Q6

最後に、就活生へのアドバイスをお願いします!

野端就活ですべてが決まるわけではない。ただ、就活は重要な局面だと思います。だからこそ、今できる努力はして1番ご縁を感じたところに入社を決めてください!
山本どんな面接でも熱意を持ってください。そして、自分を徹底的に理解してください。どんな会社の選考をうけるにしても、自己分析ができていることで、自信を持って面接に臨むことができると思います。
風間“自分”を見つけるということで、特に自己分析が大切だと感じています。自分自身の関心ややりたいことや好きなことの延長戦上に就職活動があるということを意識したら少しでも楽しめると思います。加えて、ネット回線が大切です!やはりオンライン面接が今後は主流になっていくと考えられるので、そういう準備をすることも社会人への一歩としても大切だと思うので、回線はしっかり準備してください!